Vader's Journal

This blog is my memories of playing MMORPG "Lineage".

Monday, June 12, 2006

Collusion?

そもそも今のPKクランはなんでできたのだろうか。
戦争が盛り上がらないなんてのは言い訳に過ぎないと今でも思ってます。
理由は後付け、暴れて楽しめればいいとしか俺には思えないんですね。

100vs100やりたいとか言ってる人がいました。

でも実際に戦争に足を運ぶ人の数は減っていってた。
だからといって、PKスタイルでいいんでしょうか。

自分たちの考え方の押し付けに過ぎないんじゃないでしょうか。


噂に聞いたところでは、オフ会かなんかで知り合った人たち(敵勢力在籍者を含む)を勧誘したそうですね。
なんでも、自分たちのクランに所属していない人全てを対象として、PKをするとか。
それまでの、個々の知り合いには攻撃しない、というものではなく、馴れ合いは一切なしと主張されてました。

でもちょっと待ってください、オフ会で誘うことって既に馴れ合ってませんかね。
BBSで募集かけることも、俺には馴れ合いにしか見えません。

その勧誘活動(?)の成果なのかわかりませんが、10人いなかった彼らは倍以上になりましたね。
釣られていった方々は、どういうつもりなのか知りませんが、自由を主張する以上はそれなりのリスクもお忘れなく、自己責任でお願いします。

さて、そんな馴れ合いしないとおっしゃられてる方々が、談合クランとか言ってるらしいですね。
話し合うこと、という意味での談合ならそれも間違いではないでしょう。
ただ、話し合いの結果、裏で汚いことをしているという意味での談合と考えてるようなら、それは大きな誤解だと思います。

確か、PKができる前は数クランによる同盟ということで戦争に参加していたと思います。
うちが戦況を変えてみるという意味での提案を出したとき、多少強引な提案ではあったと思いますが、三つ巴を狙うという意味でも、決して悪いものだったとは今でも思ってません。
その後ぐらいでしたね、何の相談もなく勝手に抜けて結成したのは。

文字通り裏切りとしか言いようがないといったところですが、それまで一緒にやってきた方々です。
簡単に見捨てて真っ向勝負する気には、しばらくなれませんでした。
いつか気付くのではないか、という期待がどこかにあったのでしょうね。

しかしそれは甘かったのでしょう。



これは、先日FI解放クランで突入したときのものです。
多勢に無勢、どんなにLv、装備、スキルを備えていても大勢の前ではどうしようもないことは戦争参加者なら誰でも分かると思います。
8人にBOXされても耐える方も、イミュがこなければキャンセルされなくても力尽きます。

全面抗争の始まりですか、それも一つの楽しみとして捉えられるならそれもまた良いことなんでしょうね。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home