Vader's Journal

This blog is my memories of playing MMORPG "Lineage".

Monday, July 03, 2006

Bye-Bye

Goodbye everyone

The best of health to you...

For All Patient

Tuesday, June 27, 2006

Frankly speaking

知ってて黙っていたあなたも、私から見れば同じ存在。

更に見苦しい嘘で塗り固めてくれた、
別のあなたには掛ける言葉も見つかりません。

気にするふりをして、何かを得ることができましたか。

An eye for an eye, and a tooth for a tooth?

平気でやってのけることに憤慨しております。

もし逆に自分が同じことをされたとしたら、
人生終わったかのように傷付くくせに。


それでも、程度の低い「仕返し」などという行為はしないわけです。

やり返せば自分も同じ水準、その行為について否定する権利など無いのです。

Thursday, June 22, 2006

Patient and Doctor

患者は様々なものを求めていますが、結局は医師への依存。

時には食事を求め、また別の時には薬を欲する。

当然のことながら食事は全ての患者の口に合うわけでもなく、薬は全ての患者には効きはしない。


次々息絶えていく患者を見てきた医師は、やがて患者の未来を見捨てることに。

悪いのは医師なんでしょうかね。

Tuesday, June 20, 2006

Used for a purpose

利用し、利用される。
悲しいことですが、それが現実です。

良からぬ事が発生した場合は理由は後付、多少頭の回転の早い人ならわかると思います。
矛盾を作らないように接することはそれほど難しいことではないようです。
その時点で既に自分に対する矛盾を作っていることになるでしょうが。


そんな矛盾を持っているからこそ人間らしくていい、美しいと思う方もおられるかもしれません。
そんなのは仮想世界だからだよ、と思われる方もいることでしょう。

しかし、実世界においても大きく変わらない、人々の活動は矛盾という言葉で溢れています。
恐らく、正しく整理されてないのでしょうね。
自分にとって都合良く解釈することで、正しい状況判断をする努力を拒む。

私はそんな人間という生物が嫌いです。

Monday, June 19, 2006

Full of contradictions

LineageというCommunityについて。
全てそうだとまでは言い切るつもりはありませんが、実際に見てきたことがほとんどなので大きくはずれてないと思われます。

タイトルの通り、矛盾だらけ。

現実世界の縮図がこれだったら恐ろしい限りです。
しかし、この縮図の考え方も大きく間違ってもいないようです。

仮面をかぶるキャラクターが自己実現(ここの定義は様々だと思うのでご想像にお任せします)のために親しみやすい言葉を駆使して他者を利用します。
表現は汚いですが、それが事実です。
「多くの人」は損得勘定で動いてます、突然大した理由もなく人を裏切ることができるのはこの計算によるものだったりそうじゃなかったり。

長くなりそうなので、とりあえず今日はここまで。